« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

間違い

人間生きてりゃ誰しも「間違い」はある。

だから、ゆうごだって間違えることはある。それは仕方のないことなんだよ。

P1000507 でね・・・。ゆうご。その、おしゃぶりの使い方、ちょっと間違ってると思うんだけど。いやね、「そう使っちゃいけません」っていう決まりはないよ。

でもね、世間一般的な使い方としても、製作者サイドの意向としても、それ裏返しに使うんだ。わかった?

(哺乳瓶が嫌いなゆうごは、おしゃぶりも大して好きではないらしい・・・。(^▽^;))

 

「間違い」と言えば・・・

かれこれ15年ほど前の話・・・・・・。

外出先のトイレで知人に出会った。個室の前で一通りの挨拶をする。

知人:「あ。そこ、(入っても)いいですか?」

私:「ああ!どうぞ、どうぞ。私はもう終わりましたから」

知人:「そうですか。じゃあ、失礼します。」

別れの挨拶の後、私は“ごゆっくりどうぞ”と笑顔で言ったつもりだった。ところが、口をついて出た言葉は・・・

「たっぷりどうぞ!!」

( ̄▽ ̄;)!! し、しまった!たっぷりって・・・たっぷりってどうよ?!

知人は涙を流しながら大爆笑した。そして笑いを堪えながらこう言った。

「私、“ごゆっくり”って時間を気遣ってもらった事はありますけど、“たっぷり”って量を気遣ってもらったのは初めてです(笑)」

そりゃそうだろうよ。私だって人様の量を気にした事なんてないさ。

 

・・・そう、誰にでも「間違い」はあるものなんだ!仕方ないよね?

 

もう一つ「間違い」の話し・・・これは友人の話し。

友人がまだ独身だった頃、転職先を求め面接を受けに行った。

30歳過ぎの独身女性である。この先結婚の予定があるかないか。あるなら仕事はどうするつもりなのか。採用してすぐ「結婚しまぁす♪」なんて辞められたらたまらない。企業としては把握しておきたい事情の一つなのだろう。

面接官:「ふむふむ。3●歳ですか。じゃあ、ご結婚は?」

「今のところ結婚の予定はありません」とか、「結婚を考えてお付き合いしている人がいますが、結婚をしてもこの仕事はずっと続けたいと思っております」とか、まぁそんな返事をするのが一般的だろう。

ところが、天然入っちゃってる私の友人の返事は違った。

「したいです!!」

そうじゃねぇだろうよ~!!力強く願望を答えてどうする!!

 

・・・そう、誰にでも「間違い」はあるものなんだ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雄叫び

「うら~~ら~~ら~~~!」

ゆうごが叫んだ。いや、ホントに。

思わず、モリの先に突き刺したタコを高く掲げながら

「タコ捕ったどーーー!!」

って言い出さないか、うら~ら~の続きを待ってしまったくらいだもん。

「ゆうご、1ヶ月1万円生活とかしないでね。」

P1000499 今日は、仕事を休んだ母と買い物に出掛けた。

ゆうごは出掛ける前にちょっぴりお昼寝もしたし、おっぱいも飲んだし、オムツも替えてきたし、これでご機嫌に買い物ができるだろうと思っていた。

晩ご飯のメニューを考えながら、母と食料品を選ぶ。ゆうごはベビーカーの中でぶら下がっているオモチャで機嫌よく遊んでいる。うーん、良い感じ♪

母と別行動で自分の買い物をし始めると・・・ゆうごの雄叫びスタート!!

「んあ゛ーーー!!んお゛ーーーーー!!」
翻訳(もーー座ってるの飽きた!!抱っこしてーー!!)

ベビーカーの中に顔を突っ込みながら「んば~~!!」とあやす。ケタケタ笑う。

「ま゛ーーーー!!んも゛ーーーー!!」
翻訳(早くーーー!!抱っこしてくれよーー!!)

鶏肉コーナーで販促用の歌が流れている。どうやら、ウルトラマンセブンの替え歌のようだ。

チキン~、チキン~キチン~、チキン~、チキンチキンチキン!♪

ベビーカーの中に顔を突っ込みながら、♪チキン~♪を歌う。大爆笑。

「んがーーーーー!!いやーーーー!!ごーーーーー!!」
翻訳(いい加減にしろ!いつまでもネンネちゃんの俺じゃないんだ!抱っこだ!抱っこ!抱っこしてくれ~~~!!)

割と広めのスーパーだけど、間違いなくゆうごの声は隅々まで聞こえているはず。ゆうごの雄叫びに負けた私は、ずっしり重いゆうごを片手に抱きながら、もう片方でベビーカーを押す。ゆっくり食品選びが出来ないので母と合流。

母:「まぁデッカイ声で・・・あんたの声、店中に響き渡ってたよ・・・(^_^;)」

自己主張も成長のひとつ・・・。なんだろうけどさ・・・・(-。-;)
結局、無くなってたのにケチャップ買うのも、卵買うのも忘れちゃったじゃないか!!

P1000501 抱っこされて大人しくなったゆうごは、おばあちゃんに飛び切りのゆうごスマイルを見せている(*^▽^*)

はぁ・・・最終的には、この笑顔で許せちゃうのよね・・・。
┐(´-`)┌

| | コメント (6) | トラックバック (0)

遊ぼっ♪

P1000491_1 「ねーねー。スパイク~!ジェット~!遊ぼうよ~!ねーーーったらさぁ!!」

 

「え~~ 眠いし、ダルいっすよ~」

 

P1000493 「まぁまぁ、そう言わずにさ!かくれんぼ!フェイが隠れてるから見つけてきて!さぁ行ってきてっ!!」

 

「かくれんぼっすか~?」

 

P1000488 「うふ♪私がフェイよ!
(* ̄ー ̄)v いい場所見つけちゃった!ここなら見つからないハズ♪」

 

「も~~いいよぉ~~~!!」

 

P1000489 「あ。フェイ見ぃ~~~~つけた!」

 

「え?・・・・・・・まぢで?」

 

 

P1000490 「いやだから、フェイ見つけたって!出てきなよ!」

「えぇ~?!見つかったの??ちぇっ(-。 -; )」

 

 

P1000492 「あ゛ーー疲れだぁーー C= (-。- ) フゥー」

「いやいや、ゆうごっち何もしてないし・・・」

「┐( ̄ヘ ̄)┌
ヤレヤレ・・・」

 

最近、ゆうごに歩み寄りをみせているにゃんこ達。ゆうごはにゃんこを見ると、身を乗り出して触ろうとする。

P1000494 そして、何やらおしゃべりをしている。明らかに私たちに話してくれる声やトーンとは違う口調でにゃんこ達におしゃべりをしている。
にゃんこはビビッて逃げちゃうこともあるけど(^_^;)

「やあ!俺ゆうご!動けるようになったらた~~っぷり可愛がってやるから楽しみにしてな!( ̄∇+ ̄)vキラーン」

なんて言ってビビらせてるんじゃないだろうか・・・(-。-;)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ゆうごの反撃

今日は雨。しかも豪雨(カミナリ付き)。
ねこ達は、カミナリと大きな雨の音に怯えて右往左往。
(T-T )(ToT)( T-T) オロオロ
ゆうごは、おっぱい飲んで授乳クッションの上で爆睡。

あのカミナリで起きないとは、ゆうご・・・大物になるぞ(笑)

今日は特にネタもないので、26日(日曜)の出来事など・・・。

日曜は旦那が仕事だったのでお約束の実家へGO!

ゆうごは機嫌が良い時、上唇を尖らしてドナルドダックのような口をしておしゃべりをする。
その顔が可愛くて、おじいちゃん・おばあちゃんは

「ゆう君、くち尖がらせて~~あはははは」

と、しょっちゅう笑っている。しょっちゅう笑われるからなのかどうなのかは不明だが、ゆうごの反撃開始。

P1000474_1 「そんなに笑うなら、すぼめてやるっっ!!」

この日は口をすぼめっぱなし。(笑)

まぁ、結局のところは

「ゆう君、くちすぼめて~ あはは~」

と、笑われるハメになるんだけどね(^_^;)

P1000468 「チクショーーー!寝返りしてやるっ!!」

この後、ソファーの背もたれに阻まれて寝返りが出来ずにイジケてしまったゆうごなのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

満5ヶ月

今日でゆうごは満5ヶ月\(^o^)/ 

☆.。.:*・゜おめでとう!ゆうご゜・*:.。.☆

P1000483体調も良いし、重湯は美味しそうに飲んでたし、人が何かを食べていると
ジーッ (@ ̄_ ̄) ・・・・・っと見て口をモグモグしているし、今日から離乳食をスタートする事にした。

P1000475_1 メニューは基本に忠実に、美味しく無さそうなドロドロの10倍粥を小さじ1杯。ゆうごは興味津々に眺めていた。

さぁ、無事に食べてくれるのでしょうか??

私に書類の入力を頼みに来た父に手伝ってもらいながら、ゆうご人生初のお食事開始!

「いただきます!」

スプーンを唇に乗せるとパクッと食らいつく。

P1000484 私:「ゆうご~、美味しいねぇ~。ご飯だよ~」

ゆうご:「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ゆうご心の声:「アホかっ!!
( ̄Д ̄;;マズいっちゅうねん!!」

眉間にシワを寄せ、嫌そうな顔をしながらもとりあえず飲み込んでいる。その様子が可愛くて、父と笑いっぱなしだった。(^▽^;)

P1000486 小さじ1杯のお粥を小さな小さなスプーンを使って、不味そうな顔をしながらも完食!

「ごちそうさまでした!」

イヤイヤだったけど、口の周りはカピカピになったけど、なんとか全部食べてくれたし、まずますのスタートだったのだろう。

明日も頑張って食べようね!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

真夜中の寝返り

あ゛ーーーーー!眠いっっ!!

あっ、すみません ( ̄▽ ̄)ゞ つい、心の叫びが文字になってしまいました。

昨夜、旦那から「緊急の仕事が入ったので午前2時頃まで帰れそうにない。先に寝てて」と連絡が入った。それでなくても、毎日遅くまで働いてるのに、本当に本当にお疲れ様です・・・ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

P1000457 ゆうごはいつも通り夜9時にはご就寝。私もいつも通り

“ゆうごが朝まで起きませんように・・・”

と、祈りつつ12時半頃布団に入り、夢の中へ・・・しばらくすると旦那が帰ってきた音がした。申し訳ないと思いつつ、そのまま眠りに落ちようとした、その時

:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・え~~~~~~~~ん!!!

( ̄Д ̄;) ゆうごお目覚め・・・。時計を見ると1時半をまわったところだった。

おっぱいを飲ませ、眠ったところでそぉ~っと布団へ。ところが、布団へ置いたとたん目がパチッ!!(経験のあるママさん多いハズ!)ε-(ーдー)ハァ 起きたか・・・。なにやら唸りながら手足をバタバタしている。

ブーーーーーーーーー!!

真夜中にう○ちかよ・・・( ̄s ̄;

文句を言っても仕方ないのでおむつを交換する。(←この後、再びう○ちをしたので、2回おむつ交換をした)
満面の笑みで目をキラキラさせているゆうごっち。天使の笑顔のはずが、小悪魔の笑顔のように見える。

い、いかん。完全に目が覚めている。もしや遊び始めるんじゃ・・・。(w_-; ウゥ・・
不安的中。私がトイレに行っている間に、風呂からあがって寝に来た旦那がゆうごと楽しそうに遊んでいる。

「余計にハッスルするから遊ばないでっ!(ーー;)」

疲れて帰って来た旦那に、「お帰りなさい」より先についお小言を言ってしまった(・・;)

P1000458 深夜2時。私の右側で旦那はイビキをかいて眠っている。
電気は一番暗い状態になっている。うすぼんやりした明かりの中、ゆうごは奇声をあげながら遊んでいる。ブリッジで布団から出ていく。何度も戻す。今度は寝返りをする。当然「おしりポッコリ」もセットである。これも何度も元に戻す。

「ゆうごぉ~。今は夜なの。寝ようね。」(←小さな声で話しかける)

(*^▽^*)にこ~~~~~~~~~

「♪ゆ~りかごの うぅ~たを かぁなりやが う~たうよ♪」

ウキウキ♪o(^-^o)(o^-^)oワクワク♪

い・・・いや、歌遊びじゃなくて子守唄だってば・・・(-o-;

添い寝+子守唄+トントン。ようやくゆうご就寝。3時をまわっていた。
ようやく眠れる。布団にもぐる。

にゃ~~~ ガリガリガリガリ にゃ~~ ガリガリガリガリ

猫が起きて来いと訴えている。外では新聞配達の人がポストに新聞を入れる音が聞こえる。(ノ_-;)ハア…3時半か・・・。

ようやく眠りにつく。

にゃ~~~ ガリガリガリガリ にゃ~~ ガリガリガリガリ

時計を見る。5時27分。いつも私がアラームをセットしているのは5時30分。
Σ( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!あと3分寝れたのにーーー!!!

こうして朝を迎える事になりました。

ゆうご~。もう夜中に遊ばないでね!!お願いだからっ!!

P1000463 さぁ~何の話だかさっぱり分かりませんなぁ~♪~ <(゜ε゜)>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

母子手帳

Photo_11 先日、母がタンスの引き出しをゴソゴソと何やら探していた。

「はい。これ、あんたを出産したときの母子手帳」

すっかり色あせ、たっぷり年季の入った母子手帳が私に手渡された。
最後の方の空白ページに、月齢ごとの私の成長が記してある。

【4ヶ月・・・寝返りを始める。2,3日で部屋中をコロコロまわる。お腹がすくと母の所に来たがる】

私:「えぇっ!寝返りをマスターして2,3日で転がってたの?」

母:「そうよ~。目的地まで転がって移動してたよ」

( ̄Д ̄;; 今のゆうごより目が離せない状況じゃないかっ!!

【5ヶ月・・・後ずさりを始める。5ヶ月と10日でハイハイを始める。10分くらい座って遊ぶ。支えていると立って遊ぶ】
【6ヶ月・・・つかまり立ちを始める。お座りも1人で出来る】
【7ヶ月・・・7ヶ月に入る少し前から伝い歩きを始める。】
【8ヶ月・・・少しの間、手を離しても1人で立つ事が出来る】
【9ヶ月・・・犬を見るとワンワン、トイレに行くとシーシーと言う。コタツの上によじ登る。2,3歩くらい歩く】
【10ヶ月・・・ハイハイと歩くのが半々くらいになる。10ヶ月15日でハイハイせず歩くばかりになる】

P1000402 ・・・・・・・・・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ

ゆうごがやんちゃ坊・・・いやいや・・・活発に動き回るのって、私に似ちゃってたのね・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

| | コメント (7) | トラックバック (0)

寝返り防止?

P1000452 「あっそうだ!」!(・。・)b

妊娠中に友達からもらった、おさがりの“寝返り防止クッション”(正式名称が分からない(^^ゞ)があったじゃないかっ!

今朝、突然このクッションの存在を思い出した。

ちょっとした用事でゆうごのそばを離れる時、オムツ替えの時、一瞬にして寝返りをしてしまうのを防げちゃったりするのだろうか?((o(^∇^)o))わくわく

淡い期待を胸に使用開始!

寝返りをしようとしても体が回らず、しばらく唸った後、どうやら諦めたようだった。

「よし、今のうちに!( ̄∇+ ̄)vキラーン」

そそくさと用事を済ませる。

ゆうごはこれで大人しく引き下がるだろうか・・・

一抹の不安がよぎる。唸り声もおしゃべりの声も聞こえない。気になって見に行ってみた。

P1000446  

がーん…llllll(-_-;)llllll やっぱり・・・・・┐(-。ー;)┌

P1000448 得意のブリッジで抜け出して、何事もなかったかのようにうつ伏せになっているゆうご。

そして日課の「おしりポッコリ」

「前に進みたい!」ただひたすら「前へ!」

彼の飽くなき戦いは今日も続いているのであった!(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゆうごの主張

P1000440 ゆうごが、このブログを読んで下さっている皆さんに、どうしても話したいことがあると言っております。

彼なりに一生懸命話しておりますので、時間のある方はどうか聞いてやってください。(*- -)(*_ _)ペコリ

熱弁をふるうあまり、途中で激しい口調になっていたり、聞き取りにくい部分もあるかとは思いますが、それも彼が“何か”を伝えたいあまり感情が高ぶったためですので、何卒ご了承くださいませ。

では・・・『ゆうごの主張!』です。

ご清聴ありがとうございました(笑)ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

抱っこ

ちょっと更新が滞ってしまいました(;^_^A アセアセ・・・
慢性の肩凝りと疲労からくる頭痛にやられておりました。イタイ・・・~(>_<。)ゝ

P1000434 昨日の出来事・・・

旦那が仕事なので、またまた実家へ。

おじいちゃん、おばあちゃん、そして実家の雰囲気もすっかり覚えたらしいゆうごは、私の姿が見えなくてもご機嫌で過ごせるようになった。

両親が交互にゆうごを抱きながら楽しそうにしている。

「ゆー君『抱っこしてあげるからおいで』って言うと、ちゃんと手をだすよ」

と、母が嬉しそうに言う。

「( ̄д ̄) エー まさかぁ~」

いくらなんでも4ケ月児にそりゃー無理だろう、と疑いの眼差しを向ける私。
それでも「手をだす」と言い張る両親。

そして、それが事実だと証明するために実演してくれるようだ。
ゆうごを抱く父。ゆうごに向かい満面の笑みで語りかける母。

「ゆ~くぅ~~ん。抱っこしてあげよう!おいで!ほら、おいで~」

おばあちゃんの顔をジーっと見つめ、次は自分に差し出された手を見つめ、そろりそろりと伸びる小さな手。体もおばあちゃんの方に傾いていく。

「いやぁ~ん。すごーい!可愛いぃ~。」

思わずデレデレになる私。(完全に親ばかです``r(^^;)ポリポリ)
「ほら見ろ」と言わんばかりに得意満面の両親。

まぁ冷静に考えてみると、ゆうごは差し出された手をつかんで口の中に入れようとして、手も伸びるし体も傾くだけなんじゃないだろうか・・・なんて。
でも「抱っこ」に反応して手を伸ばしていると思ったほうが嬉しいので、そう思うことにしちゃおう~っと♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やられた~!

久々にやられたぁ~!!ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

それはお昼の出来事・・・

下痢を繰り返していて心配だったのに、どうやら普通の便に戻ったらしく安心してオムツの中のう○ちを観察していた。

「ゆー君、良かったね~。普通のう○ちに戻ったね~」

なんて笑顔で声を掛ける。ゆうごも笑顔で答える。

さぁ、新しいオムツに・・・と汚れたオムツをはずしたとたん・・・

ブーーーーーッ

という豪快なオナラと共に、元気良くう○ちがぴゅ~っと・・・

||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||ガビーン!

新しいオムツやゆうごの服はもちろん、私のセーター(しかも白)もズボンまでも、う○ちまみれ。
う○ち飛ばされるなんて、新生児のとき以来だ。
(ノ_-;)ハア… うかつであった。油断した私がバカだった。
今日は新生児なみに何度もう○ちをしているんだった(_ _。)・・・シュン

一刻も早くセーターの汚れを落としに走りたい!

そんな衝動に駆られながら、う○ちまみれ・下半身丸出しのままニコニコ笑ってブリッヂをしているゆうごを見て、衝動をグッと堪えながらゆうごの着替えを済ませた。

その後、無事に私の服もゆうごの服も、汚れを落とすことが出来ましたC=(^◇^ ; ホッ!

P1000425 お腹がスッキリして機嫌の良いゆうごと、ポカポカ天気のなか散歩をして、う○ち事件は忘れる事にしましたとさ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バスタイム

P1000410 平日は私が一人でゆうごをお風呂に入れている。

私が体を洗っている間は、バスチェアに座らせている。
特に嫌がることもなく、足をバタバタしながら座って待ってくれている。声を掛けるとニコニコ可愛い笑顔をみせてくれたりもする。

クリックして拡大して見てください。チラリと見える片乳が色っぽいでしょ?うふ♪(* ̄ー ̄)v

P1000414 ご機嫌なバスタイムを終え、私が体を拭いて服を着る間は、バスタオルにくるんでお風呂のフタの上に乗せている。(丸い風呂なのでフタも丸いのだ(^^;)

じっとしている訳もなく、バスタオルにくるまれたまま寝返り開始!戻しても、戻してもコロリン。

なにやら「あーうー」としゃべりながらコロリン。

ゆうごには楽しいバスタイム。私には疲れるバスタイム。

「おーーい。ゆうご~!!こっち向いて~!!」

P1000416

| | コメント (10) | トラックバック (0)

足の指しゃぶり

P1000389 ←これは以前からよくやっているポーズ。

おむつ替えの時、特にう○ちでおしり拭き拭きしなきゃいけない時は、自分で足を持っていてくれると非常に助かる。

遊んでいる時はくつ下を引っ張りまくるので、常にビロ~ンと脱げかけ状態。

 P1000408_2  

←そして、これも日常茶飯事の指しゃぶり。

どうやら親指がお気に入りのご様子。

時々、全部の指を奥まで突っ込んで「オエオエ」言いながらしゃぶっていたりもする(^▽^;)

 

P1000418 そして、最近のゆうご。→

ついに足の指をしゃぶっちゃいまいた~ヽ(*^^*)ノ

しかも親指。

お風呂に入っている時と、お風呂上りがゆうごの足指しゃぶりタイムとなっております。

ゆうご、足の指・・・美味しい?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1年前 悪阻の始まり

昨日の日記に書いた店、去年は「誕生日と妊娠おめでとう」という名目で行っていた。今年と同じく土曜日の夜。「子供が出来たみたいなんですぅ」なんてヘラヘラ笑ってたっけ。その時は、ちょっと疲れやすい、体がだるい以外はつわりらしい症状は無かった。

ところがどっこい。

その翌日の日曜日。かくーーーんと体調は急降下。もう、だるいなんてもんじゃない。まだ6週で心拍の確認も出来てないのに、つわり?まさかインフルエンザか?と思うほどのしんどさで、思わず熱を計ったくらいだった。これが悪阻の始まりだった。

吐く。とにかく吐く。何も食べてなくても、何も飲んでなくても吐く。吐く物がなくて、来る日も来る日も胃液を吐いたニオイもダメだった。この世に存在するどんなニオイも受け付けなかった。旦那には「犬並みの嗅覚」だと言われたくらい敏感になっていた。

栄養不足と脱水症状で4時間の点滴に通った。車の中のニオイがダメ。病院のニオイがダメ。体の中からする点滴のニオイがダメ。点滴の針をさしたままゲーゲー吐いていた

歩くのはもちろん、立っている事すら辛い。支えがないと立っていられなかった。家の中でも杖をついていた。

文字を見るのもダメだった。雑誌の表紙のタイトルくらいデカイ文字でも酔ってしまう。テレビなんてもってのほか。それなのに、1日になんどもお世話になる便器は文字だらけ・・・。やれ「使用上の注意」だの「お手入れについて」だのご丁寧に書いてある。その文字に酔って、さらに吐く

結局、18週まで毎日吐き続けた。とは言え、吐かない日が出来ただけで出産前日まで吐いていたんだけど・・・(^^;)

悪阻がマシになったと思ったら、キツイ貧血による造血剤の点滴。
腕が穴だらけになったんじゃないかって言うくらい、妊娠中は点滴三昧だった。

陣痛の痛みってもう忘れちゃったけど、悪阻の辛さは忘れられないなぁ( ̄Д ̄;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ご馳走さま

毎年、何かしらの記念日に必ず行く小料理屋さんがある。カウンターで日本酒をチビチビやりながら美味い料理に舌鼓を打つ・・・はぁ~幸せ(*´ェ`*)・・・そう感じさせてくれる店。結婚前から旦那とよく行く店なのですっかり顔なじみになっている。

P1000274 今日は旦那の誕生日のお祝い・・・という名目で久々にその店に行ってきた。旦那が仕事から帰ってくるまでに、ゆうごとお風呂に入りおっぱいを飲ませ、ゆうごのねんねグッズを準備。20時頃に帰ってきた旦那といざ出発!ゆうごが生まれてから、夜に出掛けるなんて初めてだ。

ゆうごを連れてカウンターは無理なので、今日は個室。最初はご機嫌さんなゆうごだったけど、彼の体内時計は21時に“電源オフ”にセットされているらしいので、その時間に合わせて添い寝をしながら寝かしつける。場所が違うからかちょっと時間はかかったけど、無事にご就寝。個室バンザイ!(笑)

ごめんね、ゆうご。お父さんとお母さんはこれからご馳走をいただくよ(^¬^)ジュル...

「お誕生日おめでとう!そして、ゆうご生まれてくれてありがとう!」

P1000385 という事で、ちょっと贅沢をして【ふぐ】食べちゃいました。いやぁ~、てっさ、てっちり、塩焼き、唐揚げ・・・美味かった!もう勘弁してくださいっていうくら腹いっぱいになりました。「ご馳走様でした!」
お酒が飲めなかったのは残念だけど、ゆうごがおっぱい星人を卒業するまで我慢するよ。

その後、爆睡中のゆうごは帰りの車でも、ベッドに置かれてもそのまま( u _ u ) クゥゥゥ。o◯ 朝の4時まで起きずに爆睡。いい子に寝ててくれてありがと♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ずりばいの特訓

今日は雨。出掛けられずにご機嫌ナナメのゆうごっち。
それでも日課のずりばいの特訓「おしりポッコリ」は欠かさず頑張るゆうごっち。

では今日の「おしりポッコリ」をムービーでどうぞ(*- -)(*_ _)ペコリ

いかがでしょうか?思うように動けないと泣きながら頑張る姿。(*^^*)

ずりばいが出来そうで出来ないもどかしさ。
それでもめげずに頑張る「おしりポッコリ」
ずりばい出来る日を夢見ているんだろうな。

偉いぞゆうご!負けるなゆうご!ずりばい出来る日は近い!

でも、あんまり急いで頑張らなくてもいいんだよ(*´ -`)(´- `*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

前進あるのみ

寝返りしたうつ伏せ状態から仰向けに戻る・・・この間は偶然かも~なんて書いたけど、どうやら偶然ではなくなってきた様子。まだ成功率は低いものの、何度かうつ伏せから元に戻ってご満悦のゆうご。ホントに毎日成長してるんだなぁ・・・(*´ェ`*)

いつも寝返りする時は左側に転がっていたのが、昨日あたりから右側にもトライしようとしているみたい。こうやって自在にあちこち転がっていくのだろうか・・・。

P1000376_1 それから、うつ伏せになったらどうにもこうにも前進したいらしく、思いっきりお尻を上げている。

←まず、こんな状態になる。

「ふぬおぉ~~~~~」
と思いっきりふんばる。

P1000375 ポコッ

おしりがポッコリ持ち上がる。

しばらくこの状態で前に進もうと力んでいる。

何度かおしりポッコリを繰り返し、思い通りに進めないと言って泣き出す。そして、力尽きておしりポッコリは終了~。これが最近のゆうごの日課になっている。そして、プーさんと語り合うのも日課。

01

あ、そうそう。今日は旦那の誕生日。
3●歳の誕生日おめでとう~!(^_^)∠※PAN!
☆.。.:*・゜☆HAPPY BIRTHDAY♪☆゜・*:.。.☆

1年前の今日は、あの恐ろしいつわりが背後に忍び寄ってきているなんて気付きもしないで、無邪気に「妊娠&誕生日♪」なんてお祝いしてたんだなぁ・・・(-。-;)
来年の今日は、ゆうごに「おめでと」って言ってもらえるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4ヶ月健診

今日は市が実施している4ヶ月健診の日。同じ月齢の赤ちゃん達が一堂に会しているなんてちょっと圧巻(^▽^;)

栄養士さんから「離乳食について」の話しを聞いている間、ゆうごはマットの上で得意の寝返りを披露し、うつ伏せでニヤ~っと笑いながら話しに聞き入っていた。他の赤ちゃんは大人しく指しゃぶりをしているか抱っこされているのに、戻しても戻しても転がって、ひたすら動きまくっているのはゆうごだけ・・・( ̄▽ ̄;)

同じ病院で同じ日に出産して知り合った人達や、私より2日早く出産した人なんかと一緒にいたんだけど、やっぱり動きまくっているのはゆうごだけ・・・( ̄▽ ̄;)
私以外は、全員が2人目や3人目のママで「歩くの早くなるかもよ~」「動くようになったらもっと大変やで~」と、軽~く脅してもらいました(^▽^;)

良く言えば【活発な男の子】・・・・・平たく言えば【やんちゃ坊主】
はぁ・・・やっぱりチョロまか動き回る【やんちゃ坊主】になっちゃうんだろうか・・・。

P1000365 やん・・・いや、活発なゆうごの身長は64.5cm、体重は6350g。
『痩せ気味』と言われてしまった・・・。いつもグビグビおっぱい飲んでるのになぁ。
「果汁飲んで下痢しちゃったからかも。そんなに心配しないで」とは言ってもらえたけど、大人の痩せ気味と訳が違うから、やっぱり気になる・・・。
『痩せすぎ』ではないし、元気いっぱいだし、これから始まる離乳食いっぱい食べてすくすくと育つんだぞ!ゆうご!目指せ『標準』だ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

指しゃぶり

P1000350 毎日のように指しゃぶりにいそしんでいるゆうご。

きちんと、こぶしを袖から出して着せているのに、いつの間にか上手に親指で袖を引っ掛け、袖ごと親指をしゃぶっている。

↑この写真では分かりにくいけど、袖をチュパチュパしてるところ。

  

Photo_10 結果、当然のことながら袖口がヨダレでベチョベチョになる。(←写真をクリックして拡大して見てね)

時間が経つほどにベチョベチョの範囲は広がっていく。
本人も冷たくて気持ち悪いのではないだろうか・・・。

 

 

P1000363 そこで、思いっきり袖をまくってみた。

これで袖はチュパチュパできないし、ぬいぐるみで気が紛れたら少しの間はチュパチュパを忘れてくれるかなぁ・・・なんて。

案の定、しっかりプーさんの足を握り締めて嬉しそうに遊んでいる。

 

P1000359 ・・・と、思ったらさっさと手を離し、コロンと寝返り。

「プーさん聞いて~!お母さんがさぁ、ぼくのさぁ、チュパチュパのさぁ・・・・えっとさぁ・・・(・・,)グスン」

優しい表情で、ゆうごの話しをじっくり聞いてくれるプーさんなのであった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨なんて大っ嫌いだ

:::( ^^)T ::: 今日は雨降り。特に用事もナシ。
つまりは引きこもり状態。
今日は下痢にもかかわらず、元気に転がるゆうご。

P1000345

「指しゃぶりってサイコーだよね!」

大好きな外に出られず、だんだんイジケるゆうご。

P1000347

「はぁ・・・お散歩行きたいなぁ・・・お外行かないのかなぁ」

イジケてみても外に連れ出してもらえる気配がない事を察知するゆうご。

P1000348

「あうぅ(T△T) 外に行こうよ~! ねーーー!」

泣いて訴えても棄却され号泣するゆうご。

P1000349

「あ゛ーーー 雨のアホーーー!」

可愛そうだったから、玄関の外の軒下でしばしの外気浴。
やや不満は残ったみたいだったけど、とりあえず納得してくれたのか、はたまた諦めたのか、すやすやお昼寝してくれました。

そして!眠りから覚めてご機嫌の戻ったゆうごは、寝返りをしたうつ伏せ状態から、コロンと仰向きに回転しました!!
でも・・・布団と床の段差で偶然転がっただけかも・・・(^▽^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おんぶ

Photo_8 「ねぇ、お母さん何やってんの??c(゜.゜*)」

おんぶ姿を写真に撮ろうと思っても、写してくれる人がいない。三脚なんて持ってないし。(持ってても、わざわざセッティングするのは面倒臭い)

「ヽ( ´ー`)ノフッ やっぱり鏡か・・・」

で、玄関の鏡に映るゆうごを写してみた(笑)

鏡の中の笑顔のゆうご・・・が写っているはずだったのに「何やっとんじゃ」っていう顔してるし( ̄Д ̄;;
やっぱり、鏡に向かってシャッター押してる母の姿は変だったか・・・

Photo_9 「ゆうご~!おーーい!ゆ~君~~!」

必死に鏡の方を向かせ、ようやく笑わせる事に成功♪

いかがでしょうか?鏡越しのゆうごスマイル( ̄▽ ̄) ニヤ

友達にもらったおさがりの抱っこ(おんぶ)紐、毎日の必需品になっております。m(_ _"m)ペコリ
だいたい、30~60分すると爆睡モードに入るようになっております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一人遊び

P1000326 今日もご機嫌ゆうごっち。

ジムでニコニコ遊んでいる。握ってみたり、引っ張ってみたり、蹴飛ばしてみたり。こうやって小さな脳みそが活性化されているんだろうなぁ・・・。

一人でかしこく遊んでくれているので、時々声を掛けながら私は家事をする。おんぶしなくて良いのでとっても楽ちん♪約6キロのゆうごを背負いながらの家事は、なかなかヘビーなものがあるので、身軽に行動できるってありがたい。

「ゆうご~ かしこいね~ 面白いね~」

なんて言いながら、ゆうごの側に行って見ると・・・・

|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| ま、またですか~~~!!
またしても得意のブリッヂでジムから脱出し、うつ伏せになっていた( ̄▽ ̄;)!!

P1000331 (T▽T)アハハ 飽きちゃったんだね。

危ないのでジムを片付けると、得意げに何度も何度も寝返りを披露してくれる。

ぃよいしょ~~~!!えび反り!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ありがとう、がっちゃん。安らかに・・・

P1000297 今朝、実家で飼っていた猫「がっちゃん」が亡くなりました。年齢的なこともあり、かなり弱っていたので覚悟しなくては・・・と話していたのですが、やっぱり別れは辛いです。

がっちゃんが実家に来たのは十数年前の真冬。痩せ細り、栄養失調からお腹だけ異様に膨らんでいる野良猫だった。生ゴミをあさり、凍った白菜を食べていた。
名前の由来・・・ガリガリに痩せてるから。「ガリガリがっちゃん」(^^;)

当時、実家で飼っていた猫「ゆうた(オス)」はケンカに強く、よそ者は必ず追い払うボス猫。痩せっぽちのがっちゃんを追い払うのは朝飯前なはず。ところが、ゆうたは何を思ったか、自分と同じオスであるがっちゃんを追い払うどころかご丁寧にも家の中に招き入れ、自分のエサを食べさせていた。

ゆうた:「まぁ、食えや!食わんと力出んぞ!」

がっちゃん:「兄貴・・・あ、ありがとうございます・・・んぐんぐんぐ」

こんな会話をしているように見えた。以後、ゆうたが亡くなるまで、がっちゃんはゆうたがエサを食べている間は必ず後ろで待っていた。ゆうたが食べ終わってから自分が食べる。そんな師弟関係を保っていた。

がっちゃん、ゆうたには会えた?ゆうたは今もカッコイイ兄貴でいる?天国で仲良く遊んでね。
がっちゃん、君に出会えて本当に良かったよ。長生きしてくれてありがとう。お疲れ様でした。安らかに眠ってね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »