« 嗚呼、胃腸風邪 その1 | トップページ | 嗚呼、胃腸風邪 その3 »

嗚呼、胃腸風邪 その2

結局、牛乳とお茶を飲んだのとシリアルをほんの少しかじった程度で、食べることを拒否しました。

下痢もない。嘔吐もない。発熱もない。ただ食べない。固形物を飲み込まないのです。歯医者が懲りたのか、「口の中は痛くない。もう治った」と言い張ります。日曜だし救急外来に行く程でもないし、翌日小児科へ連れていこうと思っていました。

そんなゆうごを連れ出すのはどうかとも思ったのですが、食べない以外は歌ったり笑ったりしゃべりまくったりしているので、必要最低限の買い物だけに出掛けました。
いつもなら、スーパーのキッズスペースで走り回って遊ぶのですが、この日ばかりはそこまで激しく遊びませんでした。本屋の児童書コーナーで片っ端からアンパンマンの本を見てはいましたけど。

夕食も食べないだろうと思い、ゆうごとあやのを夫婦で交代で見ながら簡単につまめるように、惣菜の寿司を買って帰りました。案の定、ゆうごは全く食べません。そしてついに「お腹が痛い」と愚図り始めました。

胃腸風邪だろうか?にしても下痢も嘔吐もないのに・・・・。何か変な病気だったらどうしようbearing 私も不安に襲われます。

「どうしてお腹痛いの治らないの?」何度も何度も何度も聞いてきます。「お腹にバイ菌が入ったからだよ。明日病院に行ってお薬もらったら治るよ」そう言っても、「どうして治らないの?」と泣きだす始末。自分から「病院に行く」と言い出したので、小児救急外来へ行きました。

昨今、ニュースや新聞に取り上げられるように、夜間診療は患者でいっぱいです。それでも小児科医の女医さんは非常ににこやかで優しく診て下さいました。

胃腸風邪が原因で腸炎をおこし、腹痛や膨満感から食事が喉を通らないのかも。とのこと。ガスが大量に溜まっていないか腹部のレントゲンを撮りましたが、異常はありませんでした。念のため、吐き気止めの座薬をもらって帰りました。

病院からの帰り道「家に帰ったらドーナツ食べる!」と張り切っていいたゆうごですが、もちろん食べれる訳もなく「明日食べるわ」と諦めて眠りました。

長くなってゴメンなさいsweat01 でも続きます(笑) その3へ。

|

« 嗚呼、胃腸風邪 その1 | トップページ | 嗚呼、胃腸風邪 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嗚呼、胃腸風邪 その1 | トップページ | 嗚呼、胃腸風邪 その3 »